耳栓まとめ

1、騒音に対するお手軽で低コストのツールは、耳栓である。










2、耳栓の購入先は、ドラッグストア、100円ショップ、ホームセンター、東急ハンズなどいろいろあるが、遮音性能の高いものをいろいろ試したい場合は、通販のお試しセットがベスト。




3、最強遮音性能は、MOLDEX(モルデックス)のCamo(カモ)だといわれているが、少し固めなので、装着感がよく、遮音性能も高い Spark(スパーク)やPura-Fit(ピュラフィット)の人気も高い。





Camo(カモ)

SPARK(スパーク)
PURAFIT( ピュラフィット)



4、耳栓だけでもの足りない場合は、イヤーマフとの併用をすれば遮音効果は高まる。
おすすめのイヤーマフは、3M(ペルター)のXシリーズ。




3M PELTOR イヤーマフ X5A 国内正規品


上のX5Aは、Xシリーズの中でも遮音性能が最も高い商品。ただ、カップが厚いのと重さが結構あるので、遮音性能ある程度、ほしいけれども、少しスリムなのがいいという人は、




3M PELTOR イヤーマフ X4A 国内正規品


なんかがいいのではないだろうか?


参考ページ: 3M Xシリーズの重さとカップの厚みの比較が分かるページ


3M(ペルター)のXシリーズは、遮音性能は高いのだが、その分、側圧(ヘッドバンドが頭を押さえる力)は、強め。側圧が強く感じる人は、ヘッドバンドを少しだけ広げて、使用するようにする。

また、側圧が調整できる防音イヤーマフもある。



ハスクバーナ 防音イヤーマフ



楽天市場 での評価も参考に。



また、音で音を消すマスキングという手法で不要な音を聞こえにくくすることもできる。


マスキングに使う音源は、試聴してみて、自分に合ったものを選択しよう。



マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)



参考サイト→ 耳栓 イヤーマフ おすすめ 防音対策




ライフハック ブログランキングへ

イヤーマフ(防音タイプ)まとめ

遮音性能の優れたイヤーマフなら、3M(Peltor)X5A



3M PELTOR イヤーマフ X5A 国内正規品


いいところ

  • 遮音性能がトップクラス
  • カップ内部の空洞が他機種に比べると大きく、カナルイヤホンとの併用がやりやすい。


悪いところ

  • 重い(長時間使うと疲れる)
  • カップの厚みが大きい
  • ごつすぎて外では使いにくい


悪いところを気にしない人は、X5Aがおすすめです。

気になる人は、同じXシリーズの



3M PELTOR イヤーマフ X4A 国内正規品


などがいいでしょう。

このX4Aは、スリムながら遮音性能もそこそこある機種です。


3M Xシリーズは、いろいろな重さ、大きさのラインナップがあるので、自分の用途にあった機種が見つかるでしょう。


また、イヤーマフには、横から締め付ける力(側圧)が強いですが、これを調整できる機種があります。



Husqvarna(ハスクバーナ) プロフェッショナル ヘッドバンド式 防音イヤーマフ



ハスクバーナイヤーマフは、NRR25と遮音性能は、少し落ちるが、軽量であり、締め付け感も少ないタイプ。

公式サイト によると質量は、232g。



参考→ イヤーマフ 防音 比較 資料

イヤーマフ選択の際の参考→ 防音イヤーマフ 本音の話

耳栓 + イヤーマフよりも

耳栓 + イヤーマフよりも


1、耳栓 + 遮音ヘッドホン(ノイズキャンセリングヘッドホン)



2、カナル型イヤホン + 防音イヤーマフ



の方が防音効果が高い。


「耳栓だけで防音効果が足りないときは、イヤーマフとの併用が効果的です。」



確かにそうだけど、


上の1と2の方が、効果が高い。


もちろん、音を流した場合。音のマスキング効果ってすごいのさ。


この音は、気に入ったものがいいと思うけど、音のとぎれがないものがいいね。




最近は、色々なマスキング音源をダウンロードもできるようにもなった。試聴も可能なので、自分にあった音源を選択できる。


マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)




下のサイトで、どんな耳栓、密閉型ヘッドホン、イヤーマフがいいかをまとめてあるので、参考にしてね。



耳栓の遮音性能比較: http://mimisen.life.coocan.jp/2mimisenhikaku/


最高遮音性能のヘッドホンをさがす: http://mimisen.life.coocan.jp/kossqz99/


イヤーマフ・防音・遮音性能比較: http://mimisen.life.coocan.jp/earmuff/




1や2よりもすごいのは、最強の騒音対策 だ。


みんな、これでがんばってください。

応援してるぜ。

イヤーマフの遮音性能と重さ比較 2018年7月版

遮音性能が高いものを上から順番に並べています。

NRRは、遮音性能の目安です。NRR30だったら、30dbほど遮音する能力があるイヤーマフです。

3M X5AがNRR31でこの中では、最高の遮音性能を持っているイヤーマフとなります。

また、重さは、長時間着用の際に大事な指標となります。
長時間着用を考えている場合は、軽めのものを選ぶといいでしょう。

耳を覆うタイプのヘッドホンの重さ(コード含まず)が200g程度ですので、これを目安にするといいでしょう。


     NRR  質量
3M X5A

f:id:kdreak:20180722200605p:plain

 31 355g 
3M H10A

f:id:kdreak:20180722200732p:plain

 30 265g 
3M H540A

f:id:kdreak:20180722200850p:plain

 30 285g 
Howard Leight L3

f:id:kdreak:20180722201224p:plain

 30  304g
Moldex MX-6 6130

f:id:kdreak:20180722201352p:plain

 30  355g
Moldex Camo M1 6109

f:id:kdreak:20180722201508p:plain

 29  360g
3M X3A

f:id:kdreak:20180722201626p:plain

 28  245g
3M X4A

f:id:kdreak:20180722201725p:plain

 27 234g 
Howard Leight L2F

f:id:kdreak:20180722201831p:plain

 27  236g
Moldex MX-5 6120

f:id:kdreak:20180722202055p:plain

 27  290g
Moldex Camo M2 6209

f:id:kdreak:20180722202158p:plain

 26  280g
Moldex 6201 Z2  25  270g
Husqvarna イヤーマフ

f:id:kdreak:20180722202524p:plain

 25  232g
Peltor H520A

f:id:kdreak:20180722202704p:plain

 25  210g
3M X2A

f:id:kdreak:20180722202757p:plain

 24  220g
Howard Leight L0F  23  176.5g
3M X1A

f:id:kdreak:20180722202945p:plain

 22  184g
Peltor ブルズアイI

f:id:kdreak:20180722203135p:plain

 21 190g 



低音に強いか、高音に強いかどうかは、周波数(125〜8000)ごとの遮音性能を比べてみてください。

単位はdb、数値が大きいほど遮音性能が高くなります


例えば、3M X5Aは、周波数125Hzでは、23.9db の遮音性能があります。これは、他のイヤーマフと比べると最も高い数値であり、低い音域での遮音性能に優れていることがわかります。

次に周波数250Hzにおいても、30.5db の遮音性能があり、他のイヤーマフよりも強い遮音性能があることがわかります。



125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000 NRR 質量
3M X5A
23.9 30.5 41.1 43.0 38.0 43.1 44.0 41.1 40.3 31 355g
3M H10A
21.0 26.0 36.6 40.6 38.0 41.8 42.7 41.7 41.3 30 265g
3M H540A
17.4 24.7 34.7 41.4 39.3 - 47.5 - 42.6 30 285g
Howard Leight L3
23.8 28.8 35.6 39.9 35.3 38.7 39.0 41.0 40.8 30 304g
Moldex MX-6 6130
21.8 25.6 33.5 37.7 40.7 42.6 43.6 44.6 43.2 30 355g
Moldex Camo M1 6109
21.7 26.9 33.6 39.6 36.8 38.8 38 40.3 39.7 29 360g
3M X3A 23.4 27.7 29.4 42.5 38.8 39.3 42.3 39.5 39.5 28 245g
3M X4A 20.5 24.1 32.8 40.7 37.6 44.5 45.4 42.4 42.3 27 234g
Howard Leight L2F
20.8 24.6 30 31.6 32 - 38.9 - 39.4 27 236g
Moldex MX-5 6120
20.6 23.6 32.2 39.9 40.2 36.8 36.7 37.1 36.8 27 290g


125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000 NRR 質量
Moldex Camo M2 6209
16.4 23.9 29.4 34.2 35.6 43.7 45 43.2 42.1 26 280g
Moldex 6201 Z2 15.6 23.5 28.4 36.7 36.3 44.1 45.8 43.2 41 25 270g
ハスクバーナー - 25 232g
Peltor H520A 
14.6 20.2 32.5 39.3 36.4 - 34.4 - 40.2 25 210g
3M X2A 14.9 21.6 31.8 41 36.7 39.1 38.5 39 39 24 220g
Howard Leight L0F
15.6 18.6 22.9 24.5 30.6 - 39.4 - 39.6 23 177g
3M X1A 16 18.3 27.7 37.6 35.1 42.2 41.4 39.4 39.3 22 184g
Peltor ブルズアイI 10.9 17.2 26.6 28.3 33.5 - 37.8 - 37.9 21 190g

おゆまるで作った耳栓は、どんなものかを検証

究極の耳栓は、その人に合わせたオーダメイド耳栓ということになろう。

補聴器や歌手がよく使っているイヤモニターは、オーダーメイドが多い。

しかし、オーダーメイドは、高い。イヤモニターのオーダメイドだと10万くらいするものもあるらしい。

耳栓に万単位のお金をかけることをできる人はなかなかいないだろう。

低コストならば、騒音に困っている人を一人でも助けることができる。

実は、以前から自宅でオーダメイド耳栓を作るキットというのが売られていたが、5000円近くしたのだ。

さらに、もっと安い方法はないものか?


Amazonで500円以下で買える。



作り方は、


が、わかりやすくておすすめ。


注意点 おゆまる(プラスチック粘土)は、耳栓を作る専用品ではありません。自己責任でお願いいたします。

おゆまるをやわらかくするときに、80度以上のお湯を使います。おゆまるが人肌程度の温度になってから、耳穴の型を取るようにしましょう。(やけど注意)

耳穴の型を取るときにおゆまるを耳の奥に入れすぎない。鼓膜(こまく)に圧力をかけるような押し込みをしない。



検証

実際の遮音性能等はどうだったか?



遮音性能は、上にあるような粘土型耳栓とほぼ同程度だった。しかし、粘土型耳栓は、べとつき感があり、汚れを拾ったりと扱いが面倒であるが、おゆまる作った耳栓(以下、おゆまるカスタム耳栓)は、べとつきがなく快適である。

スポンジ型耳栓と比べると、装着時の膨らみ感がない。スポンジのように圧力が少ない。遮音性能はほぼ同程度。だが、装着が甘い場合の、スポンジ型耳栓だと、おゆまるカスタム耳栓の方が遮音性能が上になる。


おゆまるカスタム耳栓は、

1、耳穴にぴったり
2、遮音性最強
3、装着感もいい
4、作成時間20分ほどできる。
5、粘土型耳栓に比べると、汚れを拾わない。スポンジ型耳栓に比べると、へたりがない。→ 長期間使用できる。

汚れた場合は、水洗いしてタオルなどで拭いて使える。(乾かす時間がスポンジに比べて大幅に少ない。)


結論 おゆまるで作った耳栓(おゆまるカスタム耳栓)は、現状の耳栓に満足している人は、あえて挑戦しなくてもいいが、不満な人は、挑戦してもいいかも。ただ、遮音性能が上がるわけではない。自分の耳穴にぴったりして快適で、遮音性能もトップクラスの耳栓が低コスト、短時間で手に入る。そして、汚れも取り除きやすく、長期にわたって使える耳栓である。

やわらかい耳栓

耳栓をつけていて、違和感が生じたり、痛かったりしたことはないですか?

本日は、そんな方のために、やわらかい耳栓を紹介します。



3M スリーエム耳栓 イージーフィット


耳栓マニアとして、マツコの知らない世界に出演された遠藤諭さんが、先見日記にておすすめしていた耳栓。


安眠用としてもよく使われている。あまり知られていないがお勧め。




昔、100円ショップのダイソーで売られていた耳栓。愛称は、ダイソー緑。やわらかいのに遮音性能がいいと評判だった。現在、ダイソーでは売られておらず、ネットショップで入手可能。



こちらは、上の「ダイソー緑」と同じメーカーから出ている耳栓。素材は、ほぼ同じで、形、大きさがわずかに異なるがやわらかくて心地いい。「ダイソー緑」を使っている人が試しに使ってもいいかも。



3M E-A-Rsoft FX

最初に紹介したイージーフィットと同じ系列だけど、少し大きめ。これもやわらかい。


Bilsom 303S 以前、パッケージに入って、サイレンシアSとして売られており、人気のあった商品です。






これは、有名ですね。Moldexのスパーク。やわらかくて、なおかつ遮音性が高い。少し、大きめ。



こちらで紹介した耳栓の遮音性能がわかるページはこちら → 耳栓の遮音性能比較のページ

耳栓をするとかゆい。対策は?

耳栓をしているとかゆくなることってありますよね。

同じ耳栓を何日もしてるというときは、なんとなく、理由が考えられるのですが、新しくおろしたばかりの耳栓でもかゆかったりする。

これは、どういうことでしょうか?

アレルギー的な原因も考えられますが、アレルギーが原因でなければ、何でしょうか?


その原因の一つとして考えられるのが、耳栓のパッケージングの甘さです。




こちらの写真は、全部、ハダカの状態で写っていますが、実際は、個包装されています。
個包装の素材は、Camo(カモ)は、紙袋でSpark(スパーク)は、PP(ポリプロピレン)袋に入っています。

で、この個包装したものを箱詰めしてあるんですが、けっこうギュウギュウに入れてます。
なので、この個包装が破れてるものとかが出てしまうのです。


それで、倉庫保管時に、あるいは、輸入時(米国→日本)、税関にあるとき、配送時に小さな虫とかが侵入している可能性があります。


そういった場合、どうするか?

上のモルデックスの耳栓の場合だと、洗って乾かして使うといいでしょう。→ 耳栓の洗い方

洗うと、少し、ゆるくなってしまいますが、かゆいまま使うわけにはいきません。


新品だから、きれい、とは限りませんので、そんな場合は、洗って、清潔にしてから、使うといいでしょう。